【北京共同】日本が台湾に新型コロナウイルスワクチンを無償提供したことを受け、中国外務省の汪文斌副報道局長は4日の記者会見で、「関係国は政治パフォーマンスに固執するな」と述べ、名指しを避けつつ日本を批判した。中国はコロナ対策に向けた協力を一貫して重視しているとも強調した。

 台湾の民主進歩党(民進党)政権に対しても、ワクチン調達を中国が妨害したと「偽っている」と非難。「コロナ対策を政治的にもてあそび、台湾同胞の生命、健康を軽視している」と指摘した。大陸と「血のつながった家族」である台湾の人々を支援したいとも述べた。