性的少数者(LGBTQなど)の関連団体や国際人権NGOでつくるキャンペーン団体「Equality Act Japan」は4日、東京都内で記者会見し、自民党が国会提出を見送った性的少数者に関する法案について「性的少数者の生活や命を守るための第一歩として必要不可欠だ」として、今国会で審議し、早期に制定するよう求めた。

 会見に先立ち、キャンペーンに賛同する各地の性的少数者の当事者や支援者の団体が東京、石川、愛知、大阪、兵庫などの自民党支部に要望書を提出。宮城や福岡でも近く提出予定という。法案は自民党の一部保守派から異論が出て党三役が今国会の提出見送りを決めた。