5月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が前年同月比60・4%増の1万6660台で9カ月連続の首位となった。小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヤリスクロス」と合わせ、燃費性能の良さが評価された。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日発表した。

 新型コロナウイルス禍で落ち込んだ前年の反動で、上位10車種のうち9車種の販売が前年を上回った。ただ世界的な半導体不足による減産が足を引っ張った面もあった。

 2位はホンダの軽自動車「N―BOX」で22・0%増の1万4215台だった。