大阪大(大阪府吹田市)は4日、キャンパス内での新型コロナウイルスワクチン接種を21日にも始める方向で準備していると発表した。大阪府立大(堺市中区)と大阪市立大(大阪市住吉区)の運営法人も、両大学で21日から接種を始めると明らかにした。

 大阪大の対象は学生や教職員ら約3万6千人で、1日最大千人を目指す。府立大と市立大の対象は計約1万7100人。

 使うのはいずれもモデルナ製ワクチンで、打ち手は学内の医療従事者らの見込み。大阪大は「自治体の負担を軽減し、国民全体の接種の加速化に貢献したい」とした。