航空機の乗客らに空港の保安検査や、機内預け荷物の検査を義務付ける改正航空法が4日、参院本会議で可決、成立した。従来は航空会社の約款が根拠だったが法制化で見落としを防ぐ。違反者には1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。コロナ禍で収益が悪化した航空、空港会社の運営を維持する仕組みや小型無人機ドローンの操縦免許制度も設ける。

 改正法によると、国はハイジャックなど危害行為防止の基本方針を策定し、保安検査の体制強化も盛り込む。乗客は検査を受けた後でなければ制限区域に入ったり航空機に搭乗したりしてはならないと規定。検査業務に不備があった場合は国が改善命令を出す。