公明党の石井啓一幹事長は4日の記者会見で、新型コロナウイルス禍の東京五輪・パラリンピック開催の意義や感染防止対策について、政府や大会組織委員会が説明を尽くすよう求めた。「開催を不安視する声が上がっている。国民に分かりやすく丁寧な説明をお願いしたい」と述べた。

 集団感染(クラスター)発生を防ぐため、選手やスタッフ以外の大会関係者についても厳格な行動管理を要請。「開催を契機に日本国民の人流が大幅に増えないようにするのも極めて重要だ」と指摘した。