西村康稔経済再生担当相は4日の閣議後記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催の影響について「国内で人が移動することで新型コロナウイルスの感染リスクは高まる」との認識を示し、「リスクを最小化しなくてはいけない」と述べた。

 感染状況が落ち着いている地域でもパブリックビューイングを実施したり、盛り上がって飲み会を開催したりすることで、人の移動が活発になることを課題として挙げた。感染リスクの低減に向けて、検査の拡充やIT技術を活用した対策を実践することで「安全、安心の大会にしたい」と話した。