茂木敏充外相は4日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン124万回分を台湾に無償で提供すると発表した。航空機で同日発送した。午後に到着する。日本が契約した英アストラゼネカ製の一部を供与する。コロナ対策への支援を通じ、日台関係を強化する狙い。中国は提供を受け入れた台湾を非難する談話を公表した。バイデン米政権も3日、台湾を含むアジアや中南米、アフリカを中心に2500万回分のワクチンを割り当てると発表した。

 茂木氏は、ワクチン提供は台湾からの依頼に基づくと説明。「東日本大震災の際、いち早く義援金を送ってくれた。そうした台湾との友情を踏まえた」と述べた。