東京五輪の聖火リレーは4日、新潟県で始まり、2016年12月に起きた大火で被災した糸魚川市の中心市街地を、復興に取り組む住民らが走った。公道でのリレー実施は、5月30日の福井県以来。

 糸魚川大火では、旧街道沿いの木造建築などが焼け、200人以上が被災。雪よけのひさし「雁木」が連なる古い町並みの多くが失われた。経営する新聞販売店が全焼した本間寛道さん(40)は「地域が前を向けるように」と、翌17年に復興ミュージカルを企画。大火があった12月22日には毎年、イルミネーションの点灯イベントを開催している。