【パリ共同】密を避けて2メートル間隔に広がった五輪マーク、五輪と書かれた陸上競技のハードル(障害)に引っ掛かる菅義偉首相―。東京五輪開幕まで50日の3日、五輪が題材の風刺画1200点以上を集めたユニークな本が出版された。編集者は、国際オリンピック委員会(IOC)元マーケティング部長のマイケル・ペイン氏(英国)だ。

 在職時から趣味で収集し、外出が制限された新型コロナウイルス禍を機に約500ページの大作「TOON IN!」に着手。元幹部だからこそ知りうる舞台裏のエピソードも解説で盛り込んだ。