【パリ共同】テニスの全仏オープン第5日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で5年連続14度目の頂点を狙うラファエル・ナダル(スペイン)や昨年準優勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、四大大会通算20勝でナダルと並ぶロジャー・フェデラー(スイス)が勝ち、3回戦に進んだ。

 女子シングルス2回戦で昨年初制覇した第8シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)も順当勝ちした。

 男子ダブルス2回戦でマクラクラン勉(イカイ)レーベン・クラーセン(南アフリカ)組はオーストラリアのペアに逆転負けした。