【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは30日、トランプ前大統領に対し、税金の不正疑惑など広範な捜査を行っている東部ニューヨーク州検察当局が、トランプ氏一族が経営する複合企業「トランプ・オーガニゼーション」を7月1日に訴追する見込みだと報じた。

 訴追対象は、法人としての同社と、同社金庫番として知られたワイセルバーグ最高財務責任者(CFO)という。実際に訴追されれば、トランプ氏にとっては打撃となる。

 同紙は容疑について、同社が幹部に提供した住居費などについて税務処理が適切に行われていたかどうかに絡むものだとしている。