自民党の森山裕国対委員長は30日、秋までにある次期衆院選の勝敗ラインに関し「(自民、公明両党の)与党で過半数を占めるかどうかだ」と語った。自民は過去3回、大勝しており、低めの設定で菅義偉首相の責任回避へ予防線を張った形だ。解散時期は「首相が判断する」と述べるにとどめた。国会内で記者団の質問に答えた。

 首相の政権運営に関し「新型コロナウイルス禍という厳しい条件の中で気配りしながらやってきた」と評価。「安定した政権運営は非常に大事だ。コロナ禍が済んだ後も首相に頑張ってもらうのは当然だ」と強調し、首相の続投を支持した。