日本テニス協会は30日、女子の日比野菜緒(ブラス)と男子の杉田祐一(三菱電機)が東京五輪シングルスの出場権を獲得したと発表した。国際テニス連盟(ITF)から通知があった。ともに2016年リオデジャネイロ五輪から2大会連続の代表。

 五輪出場権は14日付世界ランキングで決定。上位で欠場する選手が出たため、14日付で84位の日比野と107位の杉田が繰り上がった。

 日本はダブルスも合わせ、男女ともに最多となる5人ずつが出場権を手にした。