菅首相は30日、企業・大学を対象とする新型コロナワクチンの職場接種に関し「新規受け付けは停止を継続するが、既に受け付けたものは精査の上、対応する」と表明した。自治体に配分するワクチンは「円滑な接種が続けられるように今後の見通しを速やかに示す」と説明した。官邸で開いた新型コロナ対策の進捗に関する関係閣僚会議で明らかにした。

 河野行政改革担当相は記者会見で、職場接種新規受け付けを「再開しないと決めたわけではない」としつつ、再開のめどは立っていないとした。これまではモデルナ製のみを使っていた自治体が実施する大規模接種に、米ファイザー社製も使用するとも述べた。