【ニューヨーク共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平がニューヨークでのヤンキース戦で2打席連続本塁打を放ち、メジャー単独トップの28本塁打としたことを、米メディアなどは大きく取り上げた。

 大リーグ公式サイトは「ショウヘイ劇場」と題し、本塁打の動画を掲載。「ヤンキースタジアムは大谷の遊び場と化した」と表現した。

 ベーブ・ルース以来の本格的な投打の「二刀流」は渡米当初、懐疑的な見方があった。今季は投手でも3勝(1敗)を挙げており、ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「二刀流のスターは疑う意見に逆らい続けている」と称賛した。