2017年に茨城県日立市で妻子6人を殺し、自宅アパートに火を付けたとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職小松博文被告(36)の裁判員裁判で、水戸地裁(結城剛行裁判長)は30日、求刑通り死刑判決を言い渡した。

 弁護側は、被告が起訴後の勾留中に心不全で倒れ、後遺症で事件の記憶を失ったため、訴訟能力がないとして公訴棄却を求めた上で「事件当時も心神喪失か心神耗弱状態で殺害の故意もなかった」として、無罪を主張していた。

 検察側は「出頭直後から殺害行為を具体的に供述しており、犯行を決意した過程や動機なども合理的」とし、完全責任能力があったとしていた。