衆参両院は30日、国会議員の2020年分の所得に関する報告書を公開した。対象は702人。1人当たりの平均所得は2416万円で、前回19年分の公開時より11万円減った。減少は2年連続。所得総額は自民党の元栄太一郎参院議員が19億1404万円で突出、2年連続首位となった。1億円超は3人。5千万円超は13人で、うち9人が自民党だった。

 2位は、前回31位だった立憲民主党の古賀之士参院議員で1億1681万円。外国為替証拠金取引(FX)による9870万円を計上した。3位は前回と同じ自民党の中西健治参院議員で1億1386万円、菅義偉首相は3871万円で23位だった。