サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は29日、タシケントで東地区の1次リーグI組第2戦が行われ、川崎は北京国安(中国)に7―0で快勝し、2連勝で勝ち点を6として同組首位を守った。北京国安は勝ち点1のまま。

 川崎は前半に長谷川、橘田、遠野の得点で3―0で折り返し、後半も攻撃の手を緩めなかった。

 I組のもう1試合は大邱(韓国)がユナイテッド・シティー(フィリピン)に7―0で勝ち、初白星を挙げた。(共同)