【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党は29日、平壌で政治局拡大会議を招集した。会議を指導した金正恩総書記は新型コロナの防疫対策を巡り、幹部の怠慢で「国家と人民の安全に非常に大きな危機をもたらす重大事件」が発生したと厳しく非難した。朝鮮中央通信が30日伝えた。重大事件の具体的内容は不明。

 北朝鮮は新型コロナ流入防止のため昨年1月末から国境を封鎖。国内で感染者は一人もいないと主張してきたが、懐疑的な見方が根強い。日米韓は北朝鮮で感染が確認された可能性も念頭に情報収集を進める。

 金氏は、担当幹部らが党の重要決定実行を怠ったとし、「幹部らの無能と無責任さ」を叱責した。