【ニューヨーク共同】米航空大手のユナイテッド航空は29日、小型旅客機計270機を新たに導入すると発表した。新型コロナウイルスワクチンの接種進展に伴う旅客需要の増加を踏まえ、大量購入に踏み切る。同社が一度に発注した機体数として過去最大という。

 対象は米ボーイングの737MAX200機と欧州エアバスのA321neo70機。運航開始時期は737が今年夏の予定で、A321は2023年初めを見込む。ともに燃費の良さが売りで、古い機種からの切り替えを加速し、温室効果ガスの排出量削減にもつなげる。導入に伴う投資額は明らかにしていない。