西武が引き分けに持ち込んだ。2―4の九回2死満塁から栗山の2点適時打で追い付いた。先発の内海は2回3失点と崩れたが、救援陣が勝機をつなぎ九回は平良が抑えた。巨人は九回に3連投となった畠が踏ん張りきれなかった。