楽天が単独首位に浮上した。0―2の四回に島内の適時打などで追い付き五回に鈴木大の適時打で勝ち越した。九回に小深田のソロで加点。滝中が5回2失点で4勝目、松井は16セーブ目を挙げた。ヤクルトは打線がつながりを欠いた。