【ソウル共同】東京五輪・パラリンピック組織委員会がホームページの日本地図に島根県の竹島(韓国名・独島)を表示していることに、島の領有権を主張する韓国で反発が強まっている。削除されない場合は「ボイコットすべきだ」との強硬な意見も出ている。

 韓国側は、2018年の平昌冬季五輪の際に、日本側の抗議を受けたIOCの勧告に従って、朝鮮半島の地図が描かれた「統一旗」から竹島の表示を削除したと主張。今回もIOCは同様の対応を取るべきだとの意見が多く、韓国政府は1日、仲裁を求める書簡をIOCに送った。

 韓国側が問題視するのは、聖火リレーのルートを紹介する日本地図。