競泳の東京五輪代表が顔をそろえたジャパン・オープンは3日、千葉県国際総合水泳場で開幕し、男子の400メートル個人メドレーは瀬戸大也が4分9秒88で優勝した。100メートル自由形は松元克央が48秒47で勝った。

 100メートル平泳ぎは、男子を佐藤翔馬が59秒76、女子を渡部香生子が1分7秒20で制した。専門外のこの種目に挑んだ池江璃花子は予選で敗退した。

 女子400メートル自由形は難波実夢が4分8秒42で1位。非五輪種目の男子50メートルバタフライは水沼尚輝が23秒32で1位となった。