東京五輪・パラリンピック期間中、東京都などが競技会場と最寄り駅を結ぶ「ラストマイル」に設置する救護所でオンライン診療の導入を検討していることが3日、大会関係者への取材で分かった。1人の医師が複数の救護所を担当し、映像を通じて患者の状態を確認することで地域医療への負担軽減を図る。

 大会中、ラストマイルの医療は観客やボランティアの熱中症対応などが主な役割となり、都が体制整備を担う。新型コロナウイルスの感染状況や観客数の設定を踏まえ、東京都医師会と協議しながら必要な医師や救護所の数を検討している。