政府は、新型コロナウイルスのワクチン調達が難航する台湾に対し、英アストラゼネカ製のワクチン約124万回分を4日に航空機で発送する方針を固めた。政府関係者が3日、明らかにした。日本が契約した一部で、国内での接種に必要な量は別に確保できたとして、余剰分を提供する。

 菅義偉首相は3日、自民党の佐藤正久外交部会長らと官邸で会い、台湾へのワクチン提供について「最後の詰めをやっている」と明らかにした。茂木敏充外相も参院外交防衛委員会で「台湾では7月以降、生産体制がかなり整ってくる。当面、緊急のニーズがあると認識している」と述べ、速やかに届ける必要があると強調した。