日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は3日、東京都内で記者会見を開き、東京五輪に参加する日本代表選手や候補選手の約95%が新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける方向であることを明らかにした。

 JOCは1日に選手団へのワクチン接種を本格的に開始した。対象は選手約600人に監督、コーチら関係者を含めた計約1600人。3日に自身も接種を受けた山下会長は「単に自分を守るだけでなく、みんなに迷惑を掛けないということが競技団体から伝えられ、思った以上に接種者が増えている」と述べた。

 選手が五輪に向け練習することには「後ろめたく思う必要はない」と強調した。