3日午前11時50分すぎ、徳島県松茂町の徳島空港で、海上自衛隊徳島教育航空群の練習機「TC90」が着陸に失敗した。海自によると、2人が搭乗し、けがはなかった。機体の一部が滑走路に接触し、自力で走行できなくなった。海自などが原因を調べている。

 徳島空港は事故直後に滑走路を閉鎖。午後から撤去作業が進められ、4時10分ごろに滑走路の運用を再開した。国土交通省の徳島空港事務所によると、日本航空の2便が欠航し、1便に遅れが出た。

 海自によると、徳島教育航空群は徳島空港内の徳島航空基地にある部隊。

 徳島空港は海自が管理。滑走路は1本で、海自と民間会社が共用している。