【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスのワクチン接種を促進するため、接種拠点となっている多くの薬局が6月の毎週金曜日に夜通しで24時間態勢で対応すると明らかにした。7月4日の独立記念日までに、成人の70%が少なくとも1回接種を受けることを目標に掲げている。

 バイデン氏は「仕事や学校が忙しくても金曜日なら接種できるようになる」と呼び掛けた。薬局以外の拠点も対応時間を延長すると説明した。対象となる薬局などの数には言及しなかった。

 家族や友人に対して接種を促すよう国民に求め「より自由で安全な夏を迎えよう」と訴えた。