岡山市は3日、市内の高齢者施設の80代男性に対しファイザー製ワクチンを誤って3回接種するミスがあったと発表した。男性は5月までに2回、今月2日に3回目を受けた。男性の体調に異常はなく、安定しているという。ファイザー製は通常約3週間の間隔を空けて2回接種することが推奨されている。

 市は4月12日から高齢者施設の入所者らへの接種を始め、男性は5月までに施設でファイザー製を2回受けたが、男性の家族が自宅に届いた接種券をもとに施設側に接種を希望し、職員らは確認しないまま3回目を予約した。施設で接種を担っている医療機関は男性の接種歴を記録していたが気付かなかった。