筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に対する嘱託殺人罪で起訴された医師ら3人が、10年前に医師1人の父親を殺害した疑いで逮捕された事件で、京都地検は3日、医師大久保愉一容疑者(43)=仙台市=と医師山本直樹容疑者(43)=住所不定、山本容疑者の母親淳子容疑者(76)=長野県=を殺人罪で起訴した。殺害手段は不詳としている。

 被害者は山本被告の父靖さん=当時(77)=で、遺体は2011年に司法解剖されないまま火葬された。死因の特定は困難な状況だが、地検は3人がやりとりしたメールなど状況証拠を集め「遺体なき殺人」の立証が可能と判断したとみられる。