自民党の下村博文政調会長は3日、LGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案に関し、自民、立憲民主両党の国対委員長間で今国会提出見送りに合意したとの自身の発言を訂正した。「事実誤認だった。訂正の上、関係の皆さまにおわび申し上げる」とのコメントを発表した。

 下村氏は2日の記者会見で「自民の森山裕、立民の安住淳両国対委員長が改めて話し合い、今国会には出さないことを決めたと報告を受けた」と言及。これに対し、安住氏は「事実無根で、訂正を申し入れた」と反発していた。