【エルサレム共同】政治混乱が続くイスラエルで、3月の総選挙を受けて連立協議を進めていた中道野党「イェシュアティド」党首のラピド元財務相は2日夜、他党と連立政権樹立で合意したとリブリン大統領に報告した。国会の承認を経て新内閣が誕生すれば、通算15年間首相を務めるネタニヤフ氏が退陣することになる。政権交代が現実味を増した。

 政府が発表した大統領への報告によると、連立に参加するのは右派「ヤミナ」、中道「青と白」、中道左派「労働党」など計8政党。ヤミナを率いるベネット元国防相が2年間首相を務め、その後ラピド氏と交代するとしている。