【ロンドン共同】デンマークの洋上風力発電世界最大手オーステッドは2日、2020年から27年にかけて3500億クローネ(約6兆3千億円)を再生可能エネルギーに投資すると発表した。30年までに、再エネの発電能力を現在の12ギガワット(1200万キロワット)の4倍超に当たる50ギガワットに増やす。原発50基分に相当する規模となる。

 日本や欧米などの国や地域は50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指している。ニッパー最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれの目標は30年までに世界を引っ張る『グリーンエネルギーメジャー』になることだ」と述べた。