オリックスが0―5から引き分けに持ち込んだ。杉本が四、六回と2打席連続本塁打。2点差の七回は代打ジョーンズ、福田の連続適時打で同点とした。ロッテは2番手のハーマンが誤算。中盤以降は拙攻を重ねて流れを手放した。