大阪府は29日、101人が新型コロナウイルスに感染し、50~90代の基礎疾患のある男女7人が死亡したと発表した。府内の感染確認は10万3275人、死者は2668人になった。

 70代の女性が重症となり、入院中の重症者数は64人になった。1週間の陽性率は0・8%。

 変異株を調べるPCR検査では20~60代の男女6人が、インドで最初に確認された「デルタ株」に感染していた疑いがあるとされた。疑い例の累計は75人になった。