【ロンドン共同】英オックスフォード大などの研究チームは、米ファイザー製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを併用した場合、アストラ製を2回接種するよりも高い免疫効果が確認されたとする研究結果を発表した。英メディアが28日報じた。

 ファイザー製、アストラ製いずれの順番で接種しても、アストラ製を2回接種した場合よりも高い抗体の数値が得られた。接種間隔は4週間で、50歳以上の800人超を対象に研究を実施した。

 一方、同大学の別の研究結果で、通常2回のアストラ製の接種を3回にすることで免疫効果が高まることが確認された。