総務省が29日発表した5月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・2ポイント上昇の3・0%となり、2カ月連続で悪化した。昨年12月以来、5カ月ぶりの3%台。新型コロナウイルス感染拡大に伴う雇用情勢の悪化が長期化し、好転する兆しが見えない状況が続いている。

 厚生労働省が同日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同じ1・09倍だった。有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を示す。コロナ禍前の2019年5月は1・61倍の高水準だったが、20年5月は1・18倍に急落。今年5月は1・09倍まで落ち込み、コロナ前と比べて低水準で推移している。