20カ国・地域(G20)外相会合出席のためイタリア訪問中の茂木敏充外相は28日午後(日本時間29日午前)、南部バーリでオランダのカーフ外務・貿易・開発協力相と会談し、インド太平洋地域で連携を強化する方針で一致した。カーフ氏は東京五輪・パラリンピック開催に支持を表明した。

 茂木氏は、英空母打撃群のインド太平洋派遣にオランダが艦船を参加させ、同地域への関与を強めていると評価。両氏は東・南シナ海での力による現状変更の動きや、香港と中国・新疆ウイグル自治区の人権状況に深刻な懸念を共有した。