梅雨前線に流れ込んだ湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定になり、29日は沖縄本島地方で雷を伴う局地的豪雨となった。積乱雲が連続発生して同じエリアに激しい雨が降り続ける「線状降水帯」の形成も確認され、気象庁は同日午前2時49分、17日から運用が始まった「顕著な大雨に関する気象情報」を初めて発表して速報し、災害に警戒を呼び掛けた。

 沖縄県によると、名護市で住宅数軒が浸水したとの通報があったほか、東村では土砂崩れが起きて県道が一部埋まった。人的被害の情報は入っていないという。

 降水域内の3時間降水量の最大値は名護市付近の180ミリだった。