理化学研究所は28日、計算科学研究センター(神戸市)で3月から本格稼働しているスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度など性能ランキング4部門で昨年6月、11月に続き世界一になったと発表した。3期連続の「4冠」は世界初。

 計算速度ランキング「TOP500」では、富岳は毎秒44京2010兆回の計算が可能とされ、2位になった米オークリッジ国立研究所の「サミット」(14京8600兆回)の約3倍と差をつけた。富岳は他に▽産業利用で使われる計算の性能▽人工知能(AI)で活用する計算の性能▽ビッグデータを扱う性能―の3部門で1位に輝いた。