「寄生虫博士」として知られた東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)さんが5月14日、誤嚥性肺炎のため東京都内の病院で死去した。81歳。旧満州(中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻芳子(よしこ)さん。

 鹿児島県・奄美諸島のフィラリア症調査団に加わったのを機に、寄生虫や感染免疫学を研究。微生物などとの共生を訴え、サナダムシを自分の体内で飼うなどして、過度な清潔志向に警鐘を鳴らした。

 著書は、寄生虫との共生をユーモラスにつづったベストセラー「笑うカイチュウ」や、「清潔はビョーキだ」など多数。テレビにも多く出演した。