【ソウル共同】韓国の世論調査会社「リアルメーター」は28日、東京五輪期間中の文在寅大統領の訪日に約60%が「反対」と回答したとの調査結果を発表した。「賛成」は約33%にとどまった。日韓関係の冷え込みが背景にあるとみられる。

 韓国政府は東京五輪を巡り、7月23日の開会式などに政府内の誰が出席するかを明らかにしていない。文氏の訪日は、2019年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)が最後。

 調査は18歳以上の約500人を対象に、電話で25日に実施された。