台風5号は小笠原諸島から離れ、27日午後9時に日本の東で温帯低気圧に変わった。28日は梅雨前線や前線上の低気圧に暖かく湿った空気が流れ込み、鹿児島県や奄美、伊豆諸島南部では大雨の恐れがある。気象庁は土砂災害や低地の浸水に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、28日午後6時までの24時間予想降水量はいずれも多い地域で鹿児島県、奄美180ミリ、伊豆諸島南部で100ミリ。