テレビドラマ「北の国から」が放送開始40周年となるのを記念し、ドラマの舞台となった北海道富良野市で今秋、出演者らを招いてファンの集いが実施される見通しであることが2日、同市の観光協会への取材で分かった。今後、新型コロナウイルスの感染状況も踏まえながら開催方法などを検討する。

 観光協会によると、ドラマを手がけた脚本家の倉本聡さんには既に開催を打診。3月に亡くなった田中邦衛さん演じる黒板五郎の子ども役の吉岡秀隆さんや中嶋朋子さんら俳優陣の他、当時の番組スタッフらにも参加を呼び掛ける。

 ドラマは1981年10月9日に放送がスタートした。