菅義偉首相は2日、途上国向けの新型コロナウイルスワクチンの供与に関する首脳級会合(サミット)で、8億ドル(約880億円)の追加拠出を表明した。既に拠出した2億ドルと合わせると、日本の供与額は10億ドル(約1100億円)になる。参加国からの拠出により、今年の目標の83億ドル(約9100億円)を達成。途上国の人口の30%に当たる18億回分を確保した。サミットには、ハリス米副大統領ら約40カ国の首脳・閣僚級が参加した。

 首相は「安全で効果的なワクチンを公平に、より多くの人々に届けることを全面的に支援していく」と強調した。