巨人は1―3の五回にウィーラーの適時打と岡本和の2点適時打で3点を奪い逆転した。2番手の戸根が4年ぶりの勝利。救援陣が踏ん張り、九回はビエイラがしのぎ2セーブ目。西武はダーモディが五回途中4失点と粘れなかった。