両チーム譲らず引き分けた。DeNAは三回、オースティンの適時打で先制し、追い付かれた後は救援3投手が無失点とした。ソフトバンクは六回に柳田の遊ゴロの間に同点とし、中継ぎの4投手が七回以降走者を許さなかった。