【ロンドン共同】英教育誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は2日、今年のアジアの大学ランキングを発表した。日本からは東大が6位、京大が10位と2大学がトップ10入りした。トップ3の順位は前年と変わらず、1位と2位が中国の清華大、北京大で、3位はシンガポール国立大だった。

 中東を含むアジアの30の国・地域の551大学が対象で、講義や研究環境の充実度、論文の引用頻度、海外からの学生や教員の受け入れ状況など13の指標を基に順位を決めた。トップ100入りした大学が国別で最多だったのは中国(本土)で、過去最多となる31大学だった。